イントラレーシック手術の概要

イントラレーシックの手術を受ける場合は、「屈折力検査」や「角膜厚検査」、「眼底検査」などの検査を行い、イントラレーシック手術の対応範囲を測定します。

角膜の状態の正確なデータを取る必要があり、2・3週間前からコンタクトレンズの使用をストップしなければなりません。

イントラレーシックの手術は、まず目と目の周辺の消毒からはじまります。麻酔は目薬のような点眼タイプで局所麻酔です。瞼を開いた状態で固定し、吸引器具で眼球もおさえます。

レーザーで角膜の表面を削りフラップを作成し、フラップをめくりエキシマレーザーを照射して角膜の厚さを均一にしますが、近視か遠視の違いによって屈折させる場所に違いがあるため、その箇所は変わってきます。

イントラレーシックの手術では、イントラFSレーザーを使用するため正確で均一なフラップを作成することができます。

フラップを元の場所に戻して手術は終了となりますが、当然洗浄と消毒は入念におこなわれます。

手術後は眩しさや視界がぼやけたりしますが、フラップが接着されるのに時間がかかるので、密着されれば落ち着いてきますので、ご心配いりません。

レーシックを名古屋で受けるなら

レーシックはどこで受けても同じだと思っていませんか?
レーシックは医師の腕はもちろんですが、使用している機器によって大きく差が出てきます。

レーシックを受ける場合、確かな技術、豊富な実績のある眼科でなければ安心して受けることはできません。安心してレーシックを名古屋で受けることができる眼科をを紹介しています。後悔しないために本当に信頼できる病院を選びましょう。

レーシックを福岡で受けるなら

レーシックはどこで受けても同じだと思っていませんか?
レーシックは医師の腕はもちろんですが、使用している機器によって大きく差が出てきます。

レーシックを受ける場合、確かな技術、豊富な実績のある眼科でなければ安心して受けることはできません。安心してレーシックを福岡で受けることができる眼科をを紹介しています。後悔しないために本当に信頼できる病院を選びましょう。